天塩岳速登競争(てしおだけはやのぼりきょうそう)について 前田博 

北海道では山頂ゴールのトレイルランはほとんどなく私としては北海道のトレイルランナーに色々なタイプのトレイルランを体験してもらいたいと思い旭川以北の大雪山以外では一番高い天塩岳にて山頂ゴールタイプのレースを開催することにいたしました。また北海道ではトレイルランに関して偏見を持つ方もまだ多くおります。登山道を使ったレースの場合は登山者とのトラブルも双方の考え方の違いで起こることがあります。それらを最小に抑えるため今年は参加者を100名とさせてもらいました。ただ私はビジネスとしてトレイルラン等を運営しているわけではありませんが赤字になるようなことは避けたいと思っております。運営を正当に維持していくためには100名程度の参加者数がなくてはなりません。スタッフもいつも無償ボランティアという訳にもいきません。どうかその辺をご理解いただきご友人もお誘い併せてご参加いただきますようお願いいたします。

What's New
1月 日本スカイランニング協会の認定大会の東日本選手権大会となる
1.28 受付開始




駐車場問題

駐車場が狭いため(80台ほどのスペース)一般登山者などへの対応もあり選手の皆様にはできるだけお近くの方やお仲間の方は乗り合わせての会場入りをお願いします。
また選手一人でお越しの方には愛別町にてバスをチャーターして愛別町協和温泉付近より会場まで送迎いたします。これも後日詳細をアップしますのでご活用ください



申込フォーム

参加者数100名 予備10名の応募は定員に達した時点で終了いただきます。
スポーツエントリーによるWEB申込みのみとします

2019/1/28開始

ボランティア募集

大会前日及び当日のスタッフを募集しております。宿泊を希望される方はお早めにお申し込みください。
仕事内容
前日・・コース設営
当日・・コース員 事務系スタッフ 山頂スタッフなど
申込フォームはこちら

一昨年夏の試走会風景

こちらに山頂風景の画像があります

前日から来られる方へ

近くの街の施設を参加者や遠方スタッフのために活用しようと思っております。
近日中に情報をアップします

申し込みをする前に

少し長いですが競技規則など色々な当大会に関わる重要事項が記載されておりますので必ず確認してください。日本スカイランニング協会の公認レースになりました。協会の定めるルールに即して運営を行いますのでご理解ください こちら

ポール使用について

今年に関してはポール使用を許可します。ただし先端にラバーがついたものを使用することが条件となります。

日本スカイランニング協会の公認 東日本選手権

駐車場問題



一般登山者の駐車スペースを確保すると選手・応援登山の方のスペースが赤で囲まれたところだけとなります。
選手同士での相乗りをお願いします
愛別町集合での選手・応援登山のマイクロバス移動(バスは主催者が提供)
バス移動の方の帰路は選手及びスタッフ車輛の空き座席を活用して移動

天塩岳の近く(通り道にある施設やお店)


愛別町の名産きのこ料理で有名なお宿!レース後の入浴がおすすめ

協和温泉より天塩岳よりにある「もち米100%」お餅屋さん

宿泊

岩尾内湖白樺キャンプ場

愛別から101号線を進み天塩岳に曲がる角から進むこと10K(角を曲がらずに)で無料のキャンプサイトがあります。

協和温泉

愛別から天塩岳に向かう道の途中にあります。詳しくは「協和温泉」のバナーをクリック

天塩岳ロッジ(山小屋)

大会会場である登山道入り口にある二階建ての山小屋です。電気がないのでランタン等の照明器具が必要です(前日ロッジに泊まる方は大会事務局にご連絡ください 駐車場が狭いので場所を指定します)

開 催 日

2019年8月4日(日曜日)
開 催 場 所  士別市 天塩岳登  (旭川方面からの方は愛別経由が便利) 登山道ヒュッテ前 
申 込期 間   2019/1/28~7/3(定員に達した時点で終了 
申 込 方 法   推奨 (ネット申込み)・ 申込書郵送(送金)・申込書持参
募 集 定 員  先着100名(予定ゲストおよびキャセル待ち20名
種 目  登山道入り口から山頂までの6.4k 上りのみ 通称バーチカルタイプ
 帰路は前天塩岳経由も可 またコースの逆走も可だが走行は禁止

参 加 資 格

中学生以上

制 限 時 間 2時間30分
参 加 費

4500円

受 付 場 所 天塩岳 登山道入り口ロッジ前
受 付 時 間 9:00~9:30  
コース 説 明 9:40~
 必ず参加してください

スタート時 間

10:00スタート(15秒インターバルの時差スタートを予定)
スタート順は申告による10kタイムを参考にして速いタイム順とする

必携品

水分 その他現在検討中

参加賞

未定

表 彰

未定

プロデュース

ATU 前田博

主 催 

 ATU

後 援  未定
協 賛 未定 
協 力 未定
   
   
   

アクセスマップ



札幌・旭川方面の方は愛別経由が一番近いです
士別・名寄方面の方は朝日町経由
その他の方も上記2ルートを活用してください

標高差図


避難小屋の手前にある小ピークが丸山といいます。これまでは森林地帯を進みますがこの丸山から森林限界を越えるので見晴らしがよくなります。
登山道ですがかなり道が狭く下山してくる人との接触も多くなります

大会のぼり